工場向けIoT照明ソリューション
    「Interact Industry」を発表

    2019年2月27日

     

    シグニファイジャパン合同会社(本社:東京都港区、職務執行者 社長:園田 悟、以下  シグニファイジャパン)は、照明のIoTプラットフォーム「Interact」より、工場向けのIoT照明ソリューション「Interact Industry(インタラクト インダストリー)」の日本での提供開始を発表しました。これに組み合わせる照明器具として、新たに30,000lm(ルーメン)の大光量のLED高天井照明器具「GreenPerform HighBay Elite(グリーンパフォーム ハイベイ エリート)」シリーズを2019年4月より発売します。

    Beauty Shot Image

    シグニファイジャパンは、照明のIoTプラットフォーム「Interact」を用いて、スポーツ、ランドマーク、インダストリーなど、照明を使用するシーンに応じた製品との組み合わせによるIoT照明ソリューションを提供しています。今回新たに日本での提供を開始する「Interact Industry」では、商業施設や工場、倉庫などをはじめとする高天井の施設において、照明の遠隔操作やモニタリング、データ蓄積によるエネルギーの効率化を図ることができます。さらに、フォークリフトや人の動きを収集して解析し、オペレーションが滞り易いエリアの配置を最適化したり、労働災害が起こった際には、すぐさま感知して照明と連動させることによって、2次災害を防ぐこともできます。

     

    「Interact Industry」に組み合わせる製品として、フィリップスブランドよりLED高天井照明器具「GreenPerform HighBay Elite」シリーズを新たにラインナップに加えます。本製品は、最大30,000lmの大光量を実現しながらも、従来製品と比較して最大約70%の省エネルギーで使用することができます。まぶしさを押さえ、対象物が見えづらくならないように配慮した快適な明るさと、正確な色の再現により、屋内作業の際にも照明が邪魔をすることはありません。同シリーズの既存製品よりもスリムなデザインで、施設内のフックやパイプ、ブラケットへ取り付けることが可能です。

    Interact Industryの主な特長

    ・エネルギーの節約

    該当エリアでの活動状況に合わせて照明の動作を管理し、エネルギー使用量を最小限に抑えることができます。日中は活動が検出されるとライトが100%の照度で点灯し、夜間は警備員の見回りができる程度の10%の照度を保ちます。フルパワーの照明が必要ない場合は、調光をコントロールし光量を減らすことも可能です。

     

    ・作業の効率化

    IoT対応センサーを介してデータを収集することで、日常業務に関する情報を視覚的に得られるため、効率的に作業を行うことができます。また、照明管理が一元化されているため、場所を選ばずに在庫管理やメンテナンス等を計画できます。

     

    ・安全性の確保

    計画的に修理やメンテナンスが行えるため、思わぬ事故も未然に防ぎ従業員の安全を確保することができます。また、リアルタイムで取得する情報に基づいて、障害や機能停止があった場合はすぐ警告するため、万が一のことが発生した場合も迅速な対応が可能となります。

     

    GreenPerform HighBay Eliteシリーズ製品概要

    Green Perform HighBay Elite Table

    「ライティング・フェア2019」にて初展示

    シグニファイジャパンは、3月5日(火)から3月8日(金)に東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2019」に出展します。「Interact Industry」についても紹介しますので、ぜひお立ち寄りください。

     


    ライティング・フェア2019 https://messe.nikkei.co.jp/exhibitor/info/LF/ja/11382

    報道関係および企業に関するお問い合わせ

     

    シグニファイジャパン合同会社 担当:岩下、豊田

    TEL: 03-3740-5156 

    FAX: 03-3265-5267 

    E-mail:LI_contactus_jp@signify.com

    シグニファイについて

     

    シグニファイ(ユーロネクスト: LIGHT)は、プロフェッショナル照明、コンシューマー照明分野ならびにIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の分野において世界最大手の企業です。フィリップス製品やコネクテッド照明システム「Interact」、データ通信可能なサービスは、ビジネス価値を生み出すことで家庭だけでなく、ビルや市街地での生活にも変化をもたらします。2018年の売上は約64億ユーロ、約29,000人の従業員を擁し、世界70か国以上で事業活動を展開しています。より明るい生活、そしてより良い世界に向け、照明が持つ無限の可能性を切り拓きます。また、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスの業界リーダーに2年連続で選定されました。シグニファイのニュースは、NewsroomTwitterLinkedInInstagramからご覧ください。投資家向けの情報は、Investor Relationsのページに掲載されています。

    street lighting smart iot

    その他のプレス リリース

    • Signify's first quarter results 2019

      4月 26, 2019

      Signify's first quarter results 2019

    • シグニファイ、世界中で認められた高品質LED照明を豊田スタジアムに導入

      3月 27, 2019

      シグニファイ、世界中で認められた高品質LED照明を豊田スタジアムに導入

    • シグニファイジャパン、光を利用したLiFi対応照明器具を発表 日本初のLiFi対応照明で、より安全で安定性のある高速インターネットを提供

      2月 27, 2019

      シグニファイジャパン、光を利用したLiFi対応照明器具を発表 日本初のLiFi対応照明で、より安全で安定性のある高速インターネットを提供