建造物向けIoT照明ソリューション「Interact Landmark」を発表

    2019年2月25日

     

    シグニファイジャパン合同会社(本社:東京都港区、職務執行者 社長:園田 悟、以下  シグニファイジャパン)は、照明のIoTプラットフォーム「Interact」より、建造物向けのIoT照明ソリューション「Interact Landmark(インタラクト ランドマーク)」の日本での提供開始を発表しました。

    都市照明は、ランドマークを芸術的にライトアップして地域の観光産業の起点としたり、大型建造物のライトアップを通じてキャンペーンやメッセージを送るなど、様々な活用方法で需要が高まっています。それに伴い演出方法も多岐に渡ることから、都市照明の効率的な制御方法が求められています。
     

    シグニファイジャパンは、照明のIoTプラットフォーム「Interact」を用いて、スポーツ、ランドマーク、インダストリーなど、照明を使用するシーンに応じた製品との組み合わせによるIoT照明ソリューションを提供しています。今回新たに日本での提供を開始する「Interact Landmark」は、クラウドベースでの照明の管理・モニタリング、演出のコントロールに加え、その照明に対する社会的な反響(記事やSNSなど)を一元管理する建造物向けのIoT照明ソリューションです。世界中どこからでもインターネットに接続できればアクセスすることが可能なため、設置時やメンテナンス時以外に現場に出向く必要がなくなります。またシグニファイジャパンが扱うカラーキネティクスブランドのカラー照明すべてを組み合わせられ、既存製品を設置した箇所でも導入することができます。
     

    グローバルではすでに展開しており、アメリカ・ニューヨークのエンパイア・ステート・ビルディングやイギリスのロンドン橋、中国の珠江などで導入され、都市の彩りに一役買っています。なお、日本では2019年1月より提供開始しました。

    Interact Landmarkの主な特長
     

    • 管理・モニタリング

    複数の建造物に設置している照明の不備やエネルギー効率の状態を画面上で一括して確認でき、点検のために実際に現場へ足を運ぶ必要がなくなります。
    また各拠点にグローバルのパートナー企業であるAxis社のモニタリングカメラを設置することで、現場の様子を目視することができ、演出用のプログラミングの確認や故障箇所の把握を容易にします。 
     

    • 照明演出のコントロール
      各照明の色や照度の変更、スケジュールによる演出照明の切り替え、また予めプログラムした照明演出をシーンとして登録し、直感的なアプケーションで呼び出すことができます。

    複数の建造物の照明演出を同時に切り替えたり、建造物ごとに照明演出を変更するなど、エンターテインメント性の高いショーを誰でも簡単にコントロールできます。
     

    • Social Impact機能(社会的な反響の確認)
      建造物の照明を都市観光に活用する際に、その照明に対する住人や観光客からの反響を集約して確認できる「Social Impact(ソーシャルインパクト)」の機能を備えました。
      従来は別途調査を行う必要があり、手間とコストがかかってしまいました。これをソリューションに組み込んだことで、クイックに照明計画を改善することが可能になります。

    • 「ライティング・フェア2019」にて初展示
      シグニファイジャパンは、3月5日(火)から3月8日(金)に東京ビッグサイトで開催される「ライティング・フェア2019」に出展します。「Interact Landmark」についても先駆けて紹介しますので、ぜひお立ち寄りください。
      ライティング・フェア2019 https://messe.nikkei.co.jp/exhibitor/info/LF/ja/11382


    *1
    :Social Impact機能は2019年後半より提供開始予定。

     

    報道関係および企業に関するお問い合わせ

     

    シグニファイジャパン合同会社 担当:豊田

    TEL: 03-3740-5156 

    FAX: 03-3265-5267 

    E-mail:LI_contactus_jp@signify.com

    シグニファイについて

     

    シグニファイ(ユーロネクスト: LIGHT)は、プロフェッショナル照明、コンシューマー照明分野ならびにIoT(Internet of Things:モノのインターネット)の分野において世界最大手の企業です。フィリップス製品やコネクテッド照明システム「Interact」、データ通信可能なサービスは、ビジネス価値を生み出すことで家庭だけでなく、ビルや市街地での生活にも変化をもたらします。2018年の売上は約64億ユーロ、約29,000人の従業員を擁し、世界70か国以上で事業活動を展開しています。より明るい生活、そしてより良い世界に向け、照明が持つ無限の可能性を切り拓きます。また、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックスの業界リーダーに2年連続で選定されました。シグニファイのニュースは、NewsroomTwitterLinkedInInstagramからご覧ください。投資家向けの情報は、Investor Relationsのページに掲載されています。

    street lighting smart iot

    その他のプレス リリース

    • 植物育成用 LED 照明「フィリップス グリーンパワーLED」を

      5月 30, 2019

      植物育成用 LED 照明「フィリップス グリーンパワーLED」を

    • Signify's first quarter results 2019

      4月 26, 2019

      Signify's first quarter results 2019

    • シグニファイ、世界中で認められた高品質LED照明を豊田スタジアムに導入

      3月 27, 2019

      シグニファイ、世界中で認められた高品質LED照明を豊田スタジアムに導入