ヒント

    Australis Seafoods(チリ)が持つ

    海面養殖場の海中LEDの

    メインプロバイダーに指定

    2019年11月28日

     

    アイセン州、チリ – 照明製品の最大手であるシグニファイ(ユーロネクスト: LIGHT)は、チリのAustralis Seafoods(以下、Australis)が持つ海面養殖場の海中LED照明をメインプロバイダーとして提供することになりました。Australisは、効率的かつ安全で信頼できる養殖場を目指すため、持続可能な社会を目指しているシグニファイのLED照明を採用しました。シグニファイの水産養殖照明を利用することで、魚が健康的に育ち、飼料費や感染症を削減、水をより清潔に保つことができます。

     

    シグニファイの農業用照明の事業リーダーであるビル・ビエンは、次のように述べています。「国連によると、現在、世界の漁業資源の約90%は完全に開発されており、過剰な開発や枯渇が見受けられているため、漁業資源を保全するための賢明な方針と責任ある養殖が求められています。当社のLED照明はAustralisのサーモン養殖場の効率を改善し、飼料要求率の改善、飼料費や感染症リスクの削減を実現します」

     

    健康的な魚の飼育

    シグニファイの海中照明は最大100,000ルーメンで、夏の太陽のような光を再現しています。夏の光のような照明が飼料の成長を助け(飼料要求率の向上)、魚餌が少なくなるため、費用削減や水質改善につながります。また、照明を水深5メートルに設置し魚を引き寄せることで、海面近くに存在するフナムシによる感染を劇的に減らすことができます。

    当初、シグニファイは、Australisのモラレダ養殖場にPhilipsの養殖用LED照明を設置しました。成育と飼料要求率で優れた結果を出したため、施設全体の照明をシグニファイの照明にアップグレードすることになりました。その結果、モラレダ養殖場では、アトランティックサーモンの養殖においてAustralis 史上最高の生産結果を達成しました。

     

    サーモンやトラウトの販売を専門とするAustralisは、近年の環境問題に懸念を抱き、チリのパタゴニア産の種を使用し、サステナブルな生産を行うことを重視しながら、サーモンの品質と鮮度の確保に努めています。Australisは、長期的にサステナブルな産業を維持することがすべての人の義務であると考え、その基本的な指針に取り組んでいます。

     

    数年にわたり、シグニファイはチリのサーモン産業を支え、革新的な光周期システムを提供してきました。これにより昼夜の周期をコントロールし、サーモンの生産を最適化します。アトランティックサーモンは、特にスモルト変態*1時に淡水と海水での光周期*2の変化にとても敏感になります。

     

    Australisは、アイセン州にあるほとんどの養殖場にシグニファイの光周期システムを設置し、現在はマガジャネス州でシステムの導入を進めています。

     

    Australisのメンテナンス・ストラクチャーズ副マネージャーであるルーカス・コレア氏は、「シグニファイは、チリの水産養殖産業の照明に革新をもたらしています。さまざまなソリューションや製品を比較した結果、養殖の主要な光周期プロバイダーにシグニファイを採用しました」と述べています。

     

    「Australisは常に新しい技術、革新、改善を目指しています。特に生産関連では、一歩先を行く企業であり、常に分析をしつつ実際の調査やテストに基づいて決断をしています。Australisとシグニファイが協業することによって、よりサステナブルな養殖場の追求につながります。我々は1つのチームとして開発を行っており、シグニファイは、生産サイクルのあらゆるエリアとステージで物流および運用サポートを受けています」と、ビル・ビエンは述べています。

    *1 稚魚が淡水から海水に適応した変化

    *2 1日における光の明暗サイクル

    報道関係および企業に関するお問い合わせ

    シグニファイジャパン合同会社 担当:豊田

    TEL: 03-6478-2395 

    E-mail: Customercare.JP.lighting@signify.com

    Signify について

     

    Signify(ユーロネクスト: LIGHT)は、プロフェッショナル向け照明、コンシューマー向け照明、IoT(Internet of Things: モノのインターネット)対応照明の世界最大手です。 当社の Philips ブランド製品、Interact ブランドのコネクティッド照明システムとデータ通信サービスは企業価値を実現し、家庭・ビル施設・公共空間の中の生活を新しい姿に変えます。 2018 年の売上は 64 億ユーロ、従業員数は約 27,000 人。世界 70 か国以上で事業を展開しています。 当社は照明の素晴らしい可能性を引き出して、より明るい暮らしとよりよい世の中を目指します。 Signify は、ダウ ジョーンズ サステナビリティ インデックスの Industry Leader(部門で最も評価が高い企業)に 3 年連続で選出されました。 Signify からのお知らせは、NewsroomTwitterLinkedInInstagram でご覧ください。 投資家向け情報は、Investor Relations のページに掲載されています。

    Street Lighting-Smart-iot

    その他のプレス リリース

    • 高まる除菌需要に応えるため、紫外線(UV-C)ライト製品群の拡充 に投資

      6月 26, 2020

      高まる除菌需要に応えるため、紫外線(UV-C)ライト製品群の拡充 に投資

    • ボストン大学と共同でCOVID-19原因ウイルス不活性化にシグニファイUV-Cライト技術の有効性実証

      6月 19, 2020

      ボストン大学と共同でCOVID-19原因ウイルス不活性化にシグニファイUV-Cライト技術の有効性実証

    • 照明企業として世界初コネクティッド照明開発プロセスのセキュリティ認証取得

      6月 03, 2020

      照明企業として世界初コネクティッド照明開発プロセスのセキュリティ認証取得