フィリップス、横浜マリンタワーの特別ライトアップをLED照明でサポート。「ピンクリボン2011グローバル ランドマーク イルミネーション」に参加

    9月 22, 2011

     株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、エスティ ローダー カンパニーズ(本社: 米国NY州 以下ELC)が取り組む「グローバル ランドマーク イルミネーション」のグローバル ランドマーク イルミネーション パートナーとして、10 月1日(土)に行われる横浜マリンタワー「ピンクリボン特別ライトアップ」を、LED照明を通じてサポートします。

     

     「グローバル ランドマーク イルミネーション」は、ELCが取り組むピンクリボン乳がん早期発見啓発キャンペーンの一環として2000年に開始されました。これは、世界200箇所以上のランドマーク的な建造物を、10月1日に一斉にピンクにライトアップすることで、乳がんの正しい知識と定期検診の大切さを発信するものです。フィリップスは、世界における照明のリーディングカンパニーとして、2011年4月にこのキャンペーンのグローバルランドマーク イルミネーション パートナーになり、LEDを通じて世界中のピンクリボンライトアップをサポートします。


     日本では、フィリップスのLED照明器具「ColorReach Powercore(カラーリーチ パワーコア)」が採用されている横浜マリンタワーのライトアップを通して「ピンクリボン2011グローバル ランドマーク イルミネーション」に参加し、乳がんの早期発見を啓発します。

     

     株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン ライティング事業部 事業部長 岸和紀は、「世界における照明のリーディングカンパニーとして、エスティ ローダー様が主宰
    するグローバルキャンペーンに参加できることを嬉しく思います。横浜マリンタワーをピンク色にライトアップすることで、少しでも多くの女性に定期的な乳がん検診を啓発できることを願っています」と述べています。

     

    横浜マリンタワー ピンクリボンキャンペーン 期間限定ライトアップについて

     

    011年10月1日(土) 18:00~22:00
    協賛:株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン

     

    2009年5月にリニューアルオープンをした横浜マリンタワーには、フィリップスのLED照明器具が採用されています。
    このフィリップス製LED投光器「ColorReach Powercore」は、業界最高レベルの超高出力LED投光器として、一般的なHID投光器に比べて約60%の省エネを実現する*と同時に、プログラム制御で多彩なカラーライティングを可能にしました。

    *当社比

     

     

    横浜マリンタワーに採用されているフィリップスの照明器具について

     

    「ColorReach Powercore(カラーリーチ パワーコア)」

     LEDにして光束5000lm以上という高出力を実現した、超ハイパワーLED投光器です。LEDは光の指向性が強いため、その照射可能距離は最長150m*に及びます。LEDの常識をくつがえす力強い光で、タワーや橋梁、建造物のライトアップなど、景観演出に新たな可能性が広がります。また、LED基盤が上下2枚構造になっているので、1面ごとに異なる配光角度のオプションレンズを取り付けたり、光を個別に制御することも可能です。 

    * 照射距離は、周囲環境の明るさによって変わります。