フィリップス、蛍光灯置き換えの直管形LEDランプ「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」を日本で発売開始

    8月 23, 2011

     株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン(本社: 東京都港区、代表取締役社長:ダニー・リスバーグ、以下 フィリップス)は、本日、従来の直管形蛍光灯に置き換えて使用することのできる直管形LEDランプ「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」を発売することを発表しました。フィリップスが日本で直管形LEDランプを発売するのは今回が初めてとなります。

     

     フィリップスが今回発売するのは、オフィスや施設のベース照明として幅広く使用されている直管形蛍光灯に置き換えて使用できる直管形LEDランプ「MASTER LEDtube」です。「MASTER LEDtube」は、従来の直管形蛍光灯と同じ口金G13タイプを採用し、かつ、ランプ本体に直流電源を内蔵しています。そのため、既存・既設の直管形蛍光灯照明器具に対し、工事が不要、もしくは最小限の電気工事を伴うだけで簡単にLED照明へのリニューアルが可能です。今回日本で発売を開始する1200mmタイプの場合、蛍光灯と比較して、約40%から50%の消費電力削減を実現することが可能です*。
    *当社試算値、従来蛍光灯FLR40WまたはFHF32Wとの比較(器具電力ロスを10%加味して試算)。

          

     株式会社フィリップスエレクトロニクスジャパン ライティング事業部 事業部長 岸和紀は、「お客様にとって、LED照明を導入するには、費用だけでなく工事の手間など、検討や解決しなければならない課題があります。フィリップスでは、その負担をできるだけ軽減することを目指し、既存・既設の照明器具でもお使いいただける“レトロフィット(Retro Fit)”タイプのLEDランプのラインナップを拡充しています。『MASTER LEDtube』の展開もその一環として、より多くのお客様の照明空間において、一層の環境配慮と照明環境の向上に貢献していくことを期待しています」と述べています。

     

    LEDランプ「MASTER LEDtube(マスターLEDチューブ)」概要 

       

    既存の蛍光灯器具に取り付け可能な“レトロフィット(Retro Fit)”タイプ

     

    • 直管形蛍光灯と比較して、最大50%の消費電力を削減
      直管形蛍光灯FLR40Wタイプと比較して約50%、高効率FHF32Wタイプと比較して約40%の省エネを実現します(従来蛍光灯FLR40WおよびFHF32Wの器具側電力ロスを10%加味した当社試算)。
    • 交換工事が簡単なので、交換コストも最小限
      • ランプ口金はG13タイプ
        既存、既設の直管形蛍光灯と同じ口金規格のため、ランプ交換工事の手間が最小限でリニューアルが可能です。
      • 電源内蔵タイプ
        ランプ本体に電源を内蔵しているため、別置きのLED専用電源の用意、設置コスト、手間が省けます。
    • 安全設計
      • 感電防止の片側給電
        ランプ交換時の安全性に配慮し、両端の口金に触れても感電しない安全設計を施しています。
      • 落下防止
        360g(1200mmタイプの場合)という軽量設計に加え、発光部の素材であるポリカーボネートの熱による膨張、たわみに配慮し、本体背面にアルミニウムを使用しています。
      • 誤配線保護回路
        万が一の誤配線や誤挿入に備え、保護回路を内蔵しています。照明器具の破損を防止します。
      • 幅広い場所、用途でお使いいただける動作環境温度設定
        低温度環境下では光束出力が低下する蛍光灯と違い、-30℃から45℃という広域温度範囲でも安定した明るさでご使用いただけます。寒冷地や冷蔵倉庫・什器などの特殊用途にも対応可能です。
      • 安心の安全規格 KEMA / CE認証取得
    • 快適な空間を保つ、こだわりの光質 高演色Ra85
      色の再現性を示す演色性において、Ra85という高いスペックを実現したLEDランプです。
      省エネ性だけでなく、鮮やかな色再現力があるので、商品を陳列する店舗のベース照明としても快適にお使いいただけます。

     

    製品仕様

     

    *平均寿命は光束維持率70%時点を定義。

    日本におけるフィリップスについて

    ロイヤル フィリップス エレクトロニクスは、1953年にフィリップス製品の日本市場への輸出を開始しました。2008年に呼吸器、睡眠治療器などを扱うフジ・レスピロニクス株式会社を傘下に入れ、2010年にフジ・レスピロニクスは組織および社名を変更し、フィリップス・レスピロニクス合同会社となりました。現在、株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンは、ヘルスケア、ライティング、コンシューマーライフスタイル等の事業部から構成され、フィリップス・レスピロニクス合同会社と合わせ、約1,700名の従業員を擁し、全国約75ヶ所に事業所を展開しています。
    株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパンの詳細につきましてはホームページをご覧ください。(http://www.philips.co.jp

    .

    ロイヤル フィリップス エレクトロニクスについて

    ロイヤル フィリップス エレクトロニクス(本社:オランダ、NYSE:PHG, AEX:PHI)は、タイムリーな革新を通じて人々の生活の向上を目指し、多様化する健康とやすらぎを提供する企業です。ヘルスケア、ライフスタイル、ライティングにおける世界のリーダーとして、お客様の視点やブランドプロミスである“sense and simplicity(センス アンド シンプリシティ)”に基づいて、人を中心に技術とデザインを統合します。世界100ヶ国以上に120,000人の従業員を擁し、2010年の売上は223億ユーロで、心臓病ケア、急患治療とホームヘルスケア、省エネ照明ソリューション、新しい照明のアプリケーションのマーケットリーダーであると同時に、男性用シェーバーやグルーミング、ポータブルエンターテインメントそして、オーラルヘルスケアなど、人々にやすらぎや喜びをもたらすライフスタイル製品においても強いリーダーシップを発揮しています。ニュースリリースについてはホームページをご覧ください。

    本件に関するお問い合わせ:

    株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 
    ライティング事業部 ゼネラルライティング
    TEL: 03-3740-5156(http:// www.philips.co.jp/lighting)

    .

    その他、企業に関するお問い合わせ:

    株式会社フィリップス エレクトロニクス ジャパン 広報部 代表 TEL: 03-3740-4561

    .