瞬時に点灯: ユヴェントス、新しいフィリップス ピッチ照明システムで放送局とファンを魅了


※この報道用資料は、2016年9月5日イタリアで発表されたプレスインフォメーションの抄訳版です。

2016 年 9 月 5 日

  • ·セリエ A の覇者ユヴェントスは、国際テレビ放送局の厳しい基準を満たすため、最新の LED ピッチ照明をイタリアで最初に導入したクラブ
  • タッチ パネルで照明を制御し、目を見張るようなプリマッチ ショーを演出


イタリア、モンツァ - 照明分野の世界的リーダーであり、ユヴェントスの公式照明パートナーであるフィリップス ライティング (ユーロネクスト アムステルダム: LIGHT) は、新しいフィリップス ArenaVision LED ピッチ照明システムを使って試合前にまばゆい光のショーを演出。スタジアムの観客やテレビの前のファンを魅了しました。テレビ放送局および国際サッカー連盟の最新基準を満たしているこの新しいピッチ照明は、サッカー ファンを瞬く間に魅了し、多くの人がその素晴らしさをソーシャル メディアで発信しました。8 月 20 日、フィオレンティーナとのナイトゲームでお披露目されて以来、フィリップス ArenaVision LED 照明は多くの賛同を得ており、Facebook で 43,000 件の "いいね"、37,500 件の "シェア"、2,700 件の熱烈コメントを獲得。さらに Twitter では閲覧数が 389 回に達しました。

 

フィリップス ライティングはユヴェントスと 2 年間のパートナー契約を結んでおり、2016-2017 シーズン末までユヴェントス スタジアムを "ライトアップ" します。現在、この象徴的なアリーナには、その屋根と通路に 396 台のフィリップス ArenaVision LED 装置が設置されています。さらに、ホスピタリティ エリア (Atrium of Honor と Club Partner Club Sivori) には最新の照明技術が導入され、思いどおりの照明設定と雰囲気を作り出せるようになりました。最高水準のピッチ照明を導入したユヴェントス スタジアムでは、サッカーの試合やイベントでまったく新しいエンターテインメント体験を提供できます。

 

フィリップス ライティングのイタリア・イスラエル・ギリシャ担当社長 Paolo Recrosio は、「当社の LED ピッチ照明技術により、いっそう素晴らしいファン体験を提供できます。試合中のごく小さな動きやシーンもカメラで捉え、放送することができるのです」と自信を覗かせます。「ユヴェントスのパートナーになるにあたって当社が目指したのは、スタジアムに到着してから試合が終わるまで、ファンが胸を躍らせ存分に楽しめるような究極のエンターテインメント体験を作り出すことです」

 

フィリップス ArenaVision ピッチ照明システムは、テレビ放送局およびサッカー連盟が求める厳しい照明要件を満たしており、スーパーハイビジョン テレビと超スローモーション再生に対応しています。さらに、ウォームアップなしで点灯できることや、サッカーの試合前またはライトショーで、ピッチの特定部分のみをライトアップできる柔軟性も求められています。

 

フィリップス ライティングは 60 年以上にわたりスポーツ照明を手掛けています。大きな国際スポーツ イベントで使用されるスタジアムの 65% 以上で同社の照明が採用され、世界の主要サッカー スタジアムの 55% にフィリップス ライティングの技術が導入されています。

フィリップス ライティングについて

 

フィリップス ライティング (ユーロネクスト アムステルダム: LIGHT)は、照明関連の製品、システム、サービスを手掛ける最大手企業として、生活向上につながる新たなビジネス価値や豊かな照明環境を"革新"として提供しています。プロフェッショナル向けと一般向けの両分野を対象に、IoT(モノのインターネット)を活用した家庭、ビル施設、都市空間の変革に取り組むなど、業界をリードする企業として知られています。2016年の売上は7.1億ユーロ。世界70か国におよそ34,000人の従業員を擁しています。フィリップス ライティングのその他のニュースはhttp://www.newsroom.lighting.philips.comでご覧ください。

 

報道関係および企業に関するお問い合わせ

 

フィリップス ライティング ジャパン合同会社

マーケティング部  担当: 久保/豊田

報道関係および企業に関するお問い合わせ
報道関係および企業に関するお問い合わせ

当社までお問い合わせください