まるで海のように - フィリップス ライティング、画期的な水槽用 LED 照明でサンゴの成長を支援  


Coral Publications の調査*により、フィリップス CoralCare をあてたサンゴは従来の照明と同じペースで成長することが判明、30% の省エネも実現


※この報道用資料は、2016年5月9日オランダで発表されたプレスインフォメーショ ンの抄訳版です。

2016 年 5 月 9 日

オランダ、アムステルダム - ロイヤル フィリップス (NYSE: PHG、AEX: PHIA) の子会社であり、世界有数の照明機器メーカーであるフィリップス ライティングは、水槽でのサンゴの飼育に特化した同社初の LED 照明器具、フィリップス CoralCare の発売を発表しました。3 年間の研究の末に完成したフィリップスの新しい LED 照明では、色鮮やかなサンゴを育てることができます。さらに、従来の照明と同じ出力、同じ明るさ設定でも、これまでと変わらないペースでサンゴが育つことが実証されました。サンゴの自然な外観と状態も維持されます。フィリップス CoralCare では、最新の LED 技術を用いて効率的に光を生成します。結果として大幅な省エネにつながり、電力消費コストを平均 30~50% 削減できます。フィリップス CoralCare は、同社のオンライン ショップで 6 月 10 日から購入できるようになります。

 

新しいフィリップス CoralCare 照明器具で育てたサンゴは、海の中で自然に育ったサンゴと同じ鮮やかな色をしています。これまで、従来の T5 照明またはハイブリッド LED 照明で育てられた水槽のサンゴは、どうしても色がくすんでしまいました。

 

フィリップス ライティングで CoralCare 研究開発部門のチーフ エンジニアを務める Luc Vogels は、次のようにコメントしています。「フィリップス CoralCare で自然の海と同じ、あるいはそれ以上に色鮮やかなサンゴを育てることができるのは、当社の特殊な "ライト レシピ" と、アイントホーフェン (オランダ) の自社ラボで他社に先駆けて開発した光学技術によるものです。当社は、水槽でのサンゴ飼育を大きく変えるこの技術の特許**を取得しています」

 

独立系海洋コンサルタント会社 Coral Publications は、従来の T5 照明器具とフィリップスの CoralCare 照明器具を使用し、5か月間にわたってサンゴの成長を調査しました。その結果、ピンク色、紫色、緑色の4つのイシサンゴ目種の成長が確認されました。この調査により、フィリップス CoralCare LED 照明のみでも、従来の照明と同じペースで色鮮やかなサンゴが育つことが初めて実証されました。

 

「LED 照明には省エネという大きなメリットがありますが、サンゴを飼育するには、従来の T5 照明と比べて演色と配光に問題がありました。これらはサンゴの飼育に欠かせない重要な要素です」と、オランダのコンサルティング会社 Coral Publications のマネージング ディレクター Tim Wijgerde 氏は言います。「しかし、当社の調査の結果、新しいフィリップス CoralCare LED ユニットはサンゴの成長と色づきで従来の T5 照明に匹敵すると同時に、エネルギー効率が 30% 優れていることがわかりました。今後、この技術を利用すれば、効率的で持続可能なサンゴ飼育が可能になり、水槽の二酸化炭素排出量も削減できます」

 

デュッセルドルフ (ドイツ) のリーファー Standke 博士は、「新しいフィリップス CoralCare LED 照明を2か月以上試用していますが、結果はすばらしいものです」と話しています。「CoralCare LED 照明で飼育しているサンゴは、海で育った色鮮やかなサンゴとほとんど変わりません。これは、フィリップス CoralCare を柔軟に制御できるためです。たとえば、リン光をあてることで、海のサンゴが夜間に発するのと同じ蛍光色が得られます」

 

フィリップス CoralCare 照明の推奨小売価格 (RRP) は 749 ユーロ。一般的なサイズ (40 x 70 x 70 cm) の水槽の場合、フィリップス CoralCare 照明 2 台と照明制御装置 (PRP 75 ユーロ) 1 台が必要です。

 

オランダのサンゴ リーファー Erik van Dijk 氏の動画 (https://youtu.be/MUGxegChX80) では、フィリップス CoralCare 照明を使ってサンゴを飼育している様子をご覧いただけます。

 

* Coral Publications の調査では、過去 5か月間、フィリップス CoralCare LED 照明をテストしました。この調査の目的は、フィリップス CoralCare 照明の性能を評価し、水槽用光源としてサンゴの飼育に適しているかどうかをテストすることです。190 W のフィリップス CoralCare 照明 2 台を 490 L の水槽 (寸法 200 x 70 x 35 cm) に設置し、対照として 2 台の T5 照明器具を使用。この水槽を PVC セパレーターでふたつに分け、互いの光源の影響を受けないようにしました。

 

** フィリップス ライティングは、低腐食性水槽用 LED 照明システムの EU 特許を登録しています。

フィリップス ライティングについて

 

フィリップス ライティング (ユーロネクスト アムステルダム: LIGHT)は、照明関連の製品、システム、サービスを手掛ける最大手企業として、生活向上につながる新たなビジネス価値や豊かな照明環境を"革新"として提供しています。プロフェッショナル向けと一般向けの両分野を対象に、IoT(モノのインターネット)を活用した家庭、ビル施設、都市空間の変革に取り組むなど、業界をリードする企業として知られています。2016年の売上は7.1億ユーロ。世界70か国におよそ34,000人の従業員を擁しています。フィリップス ライティングのその他のニュースはhttp://www.newsroom.lighting.philips.comでご覧ください。

 

報道関係および企業に関するお問い合わせ

 

フィリップス ライティング ジャパン合同会社

マーケティング部  担当: 久保/豊田

当社までお問い合わせください